リンク作成

リンク作成ツールの使い方(基本)

リンク作成ツールの使い方(基本)

ここでは、リンク作成ツールの使い方を説明します。

基本的な使い方

リンク作成ツールを表示し、「表示文字」と「URL」を入力し、[リンクの作成]ボタンをクリックします。「表示文字」に入力した内容がブログに表示されます。「URL」に入力したURLがリンク先になります。

[コードを全て選択]ボタンを押します。

選択した範囲をコピーします。

Amebaアプリを起動し、記事作成画面にコピーした内容を貼りつければ完了です。[プレビュー]ボタンをクリックしてブログを確認してください。

下の画像のようにリンクがはれていれば成功です!

リンクの文字を装飾する

ここでは、オプション項目の「文字装飾」を説明します。

リンク作成ツールを表示して、「表示文字」と「URL」の必須項目を入力します。

それでは、文字装飾をしていきます。

赤枠の左から順に、B(太字)/I(斜体)/U(下線)に対応しています。複数選択可能なので、必要な装飾を選択してください、

ここでは、"B(太字)"と"U(下線)"を選択しました。装飾を指定したら、[リンクの作成]ボタンを押します。

[コードを全て選択]ボタンを押します。

選択した範囲をコピーします。

Amebaアプリを起動し、記事作成画面にコピーした内容を貼りつければ完了です。[プレビュー]ボタンをクリックしてブログを確認してください。

リンクの文字が太字になり、下線もついています。

以上、文字の装飾でした!

リンク先を画像で表示する

ここでは、リンク先を画像(サムネイル画像)で表示する方法を説明します。

なお、サムネイル画像の表示には、HeartRails Captureの機能を利用しています。サムネイル画像を利用する場合は、HeartRails Captureの「ご利用について」を確認のうえ、ご利用ください。

リンク作成ツールを表示して、「表示文字」と「URL」の必須項目を入力します。

リンク先の画像を表示するには、画像項目の一番上をタップして[画像リンク(あり)]を選択します。

表示する画像のサイズを指定するには、画像項目の中央をタップしてサイズを指定します。ここでは、[画像サイズ(大)]を選択しています。

表示する画像の位置を指定するには、画像項目の一番下をタップして画像表示位置を指定します。ここでは、[画像位置(下)]を選択しています。これで、リンクテキスト(リンク用の文字)の下に画像が表示されます。

[リンクの作成]ボタンを押します。

あとは、いままでと同じです。作成されたリンクをコピーして、アプリの記事作成画面にはりつけ、プレビューします。

下のプレビュー画面では、画像がはみ出てますが、そのまま記事を公開します。

公開した記事を表示すると、画像はしっかりとおさまってます。

以上、リンク先を画像で表示する方法でした。

なお、ブックマークレットを使うともっと簡単にリンクが作成できます。やり方は応用編で説明していますので、興味のあるかたはどうぞ!

リンク作成ツールの使い方(応用)

スポンサードリンク

Copyright © 2012 iPhoneでアメブロを使い倒す!! All Rights Reserved.